さとうきび酢で疲労回復

さとうきび酢は、クエン酸が主成分の酢です。クエン酸は疲労回復にとても有効です。梅干が疲れたからだに良いというのもこのクエン酸が理由です。クエン酸サイクルということばがあります。人間はクエン酸サイクルによってエネルギーをつくりだしています。


クエン酸サイクルというのは、人間の体内でクエン酸を変化させていくことで活動のためのエネルギーを得ることができるエネルギーの変換システムのことです。クエン酸を体内で次々に変化させることでエネルギーの生産をして、そして最後にまた最初のクエン酸に戻ることからクエン酸サイクルというんです。



それは、
クエン酸 →イソクエン酸 →アルファケトグルタル酸 → コハク酸 →CoAコハク酸 →フマル酸 →リンゴ酸 →オキザロ酢酸

以上の経路をたどりオキザロ酢酸がクエン酸になってサイクルが完成するのです。そしてオキザロ酢酸がクエン酸になるにはアセチルCoAが必要なのですがそれを作り出すのが食事で摂る炭水化物なんです。炭水化物から糖が作られ、それからアセチルCoAが作られるのです。



運動していて乳酸値が高まるのは効率よくアセチルCoAを供給出来るように、からだが糖から乳酸を作ってストックしているからなのです。なぜ乳酸なのかはまだわかっていません。ですが、少なくとも乳酸は疲労物質ではなく、逆に運動時のエネルギーの貯蔵庫なのです。


そして、アセチルCoAを作り出す余力が無くなり体内でクエン酸を作れなくなると、いわゆるガス欠状態になるんです。そして、このときに、クエン酸を摂るとクエン酸サイクルが復活してさらに活動が可能になるんです。これが、クエン酸が疲労回復に効果があるという理由です。疲れた身体にはクエン酸が豊富に含まれているさとうきび酢は効果があるわけです。



さとうきび酢はアミノ酸を豊富に含んでいるんです。アミノ酸も疲労回復の為に重要な働きをしてくれるんです。さとうきび酢には、グルタミンとアスパラギン以外の全必須アミノ酸を含むアミノ酸18種類が豊富に含まれています。


そのなかの、BCAAと呼ばれる、バリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸は、筋肉のたんぱく質を構成する重要なアミノ酸で、身体の筋肉をふやす働きが知られていますが、運動時のエネルギー源として利用されてもいるんです。そして、運動時の持久力を高めたり疲労を軽減する効果があるのではないかといわれています。



アスパラギン酸はクエン酸サイクルの最も関係の深いアミノ酸のひとつであり、エネルギー源として最も利用され易いアミノ酸のひとつです。そして、運動時の疲労の回復を促進することが報告されているんです。プロリンは皮膚に潤いをもたらす天然保湿成分(NMF)として最も重要なアミノ酸のひとつなんですが、プロリンもまた身体のエネルギー源として利用されやすいアミノ酸です。



さとうきび酢は、ミネラルが豊富なんですが、その中の、マグネシウムは、疲労回復に効果があるといわれています。そして、ビタミンのからだへの吸収を助け、コレステロールが血管に沈着するのを予防し、糖の分解を促進することで糖尿病を予防するといわれています。鉄は血液にとって大切なものです。鉄分を充分に摂ることで貧血を予防し、全身を活性化することが出来ます。



さとうきび酢にはアルギニンの含有量が多いのですが、アルギニンは血管を拡げて血流を良くしてくれる効果があります。したがって、豊富なアルギニンが血流をスムーズにしてくれることで、さまざまな有用物質が体内を円滑に流れることで疲労回復が速やかに行われるんです。


さとうきび酢にはオクタコサノール(octacosanol)が、ごく微量ではありますが含まれています。これは、サトウキビ以外にも他の植物の葉やりんご、ぶどうなど果物の果皮のワックス(植物ろう〉から発見されたアルコールの一種です。小麦胚芽油などにも含まれていますが、含有量はいずれも微量です。


オクタコサノールは、アメリカ、イリノイ大学のトーマス・クレトン教授によって、ストレスヘの抵抗性、運動耐久性の向上、筋肉能力の高進(毎日3.85mgを6週間摂取して体カテストを行なった結果、碓認された)が確認されていることから、オクタコサノールはストレスや疲労回復に効果があると考えられています。


これら、さとうきび酢に含まれるアミノ酸やミネラルなどが、それぞれの働きをしてくれることで、クエン酸とともに、私たちの疲労回復をサポートしてくれるわけです。



さとうきび酢 最新一覧 By 楽天



きび酢とダイエット効果 / きび酢と貧血予防 / きび酢と減塩食 / きび酢と骨粗しょう症 / さとうきび酢で疲労回復 / さとうきび酢とミネラル / さとうきび酢とがん




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。