加計呂麻きび酢

加計呂麻きび酢は、鹿児島県奄美大島のすぐ南にある小さな島、加計呂麻島でしか造れない、サトウキビと天然水のみで造られる酢です。加計呂麻島(かけろまじま)は、奄美諸島内の島のひとつです。行政上は鹿児島県大島郡瀬戸内町に属します。



加計呂麻きび酢は、人工的な発酵剤や添加物を一切使わず、サトウキビと天然水のみを使用することで造られます。発酵のために必要な菌は、大気に浮遊する加計呂麻島だけにある土着の菌なんです。この菌によって1年間かけて自然発酵させ、その後貯蔵庫で1年間あるいは2年間熟成させることで完成される、まさに加計呂麻島の自然が造る酢なんです。



加計呂麻島では、今から400年前の江戸時代にサトウキビ作りが伝わり、島人たちはサトウキビから黒砂糖を造ることで生計を立てていましたが、偶然島人の一人が窯を洗った時に出る「黒糖の洗い汁」が発酵して酢になることに気付いたといわれています。



加計呂麻きび酢が本格的に造られるようになったのは約200年前に中国から渡ってきた杜氏によって、酢造りが伝えられたからだとされています。黒酢で知られている壷酢が伝えられたとされるころとほぼ時を同じくしているのはなぜでしょうか。少し気になるところです。



加計呂麻きび酢は、サトウキビのほのかな甘みや、じっくり熟成されたまろやかでコクのある味わいが特徴です。島の自然と200年の伝統から造り出されるきび酢はこれからも変わることなく受け継がれて欲しい産業技術です。
きび酢 最新一覧 By 楽天




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。